経営・管理ビザ

経営管理ビザと資本金500万円の要件

経営管理ビザはかつての投資経営ビザと異なり、経営・管理する会社が外資系の

会社でなくとも、日本企業であっても構わないこととなりました。

それでは、かつての投資経営ビザの際に要求されていた、常勤雇用者2人を採用

できない場合の資本金500万円の要件はどうなるのでしょうか?

日本企業でも良いということは、その株主が日本人または日本企業でも良いとい

うことになりますので、もう申請人の外国人が自ら資本を用意しなくてもよいこ

とを意味します。そうすると資本金500万円要件も消滅したと考えることは論

理的にはあり得るはずです。しかし入国管理局はそのようには考えていないよう

です。

常勤雇用者2名、資本金500万円という基準は、ビジネスの規模を測る「ものさし」

として今後も維持・利用されます。

2015年3月17日現在の入国管理局の見解としては、日系企業の場合であっ

てもやはり資本金500万円は必要であるとのことです(入管に確認済み)。


経営管理ビザ