経営・管理ビザ

経営管理ビザと税務

経営管理ビザを取得すると、日本の所得税法上、「居住者」と扱われますか?と

いうご質問を時折クライアント様から頂きますが、在留資格の種類および在留期

間は税法上の判断に直接リンクはしておりません。

経営管理ビザだから居住者、在留期間が1年未満だから非居住者というように自

動的に定まるものではありません。

所得税法上「居住者」とは、日本に住所を有するか、または引き続き1年以上居所

を有する者ですので、この基準に照らして最終的には税務当局が判断します。

在留期間4ヶ月の経営管理ビザで入国した場合でも、その後更新をしている場合や

在留状況によっては、入国当初より「居住者」と判定される可能性もあります。


経営管理ビザ